日本の食をまもる私の方法

かつて自身が小売店の販売促進という形で関わってきた日本の食文化に、今はどう関わっているのだろう?

篠山辻地区における「ふるさとむら」(農業ボランティア・交流)の関わりも8年、9年ほど。

ストックフォトでの食材や料理のクリエーターとしての活動も8年、9年ほど。

そして数年前からは知人の紹介であるコープさんの料理メニューや食材の撮影のお仕事をさせて頂いています。

自分で出来る形での関わり方は出来ているのかなとは思いますが、自分でしか出来ない形の関わり方にはまだほど遠いのが実情でしょう。

最近、篠山の味土里館で珍しい花山椒を入手してストックフォトのデータを作って、

料理も撮影しなきゃと花山椒鍋を作って撮影して...こりゃ料亭料理だわなと思い

こんな画像を撮影しても売れないよなと言う思いと、いやいや日本の食文化を

残すという意味で大事だぞよという思い。そんなことから振り返ってみました。

 

 

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *